投稿者「admin」のアーカイブ

結婚相談所での失敗

結婚市場には結婚サイトが今急激に伸びています。その中で結婚相談所には魅力ある人が多く登録していると言われているのです。簡単で安く利用できるネットでの結婚市場に不満を感じた人は、やはり信頼度の高い結婚相談所が今とても人気なのです。

しかし結婚相談所を利用しても失敗する人もいます。男性の失敗の一つには若い女性だけを希望するということがあります。男性の中には結婚相談所は自分の自由に相手を選べるという、間違った感覚を持って利用する人がいます。そこで自分が40代にもかかわらず、20代前半の人ばかりを希望するという場合も。

結婚はあくまでも自分だけの問題ではなく、相手がいるということを考えるべきでしょう。男性の中にはお金を払っているのだから、自分の希望が叶うはずという勘違いをしている人がいます。このような人は結婚相談所を利用しても失敗することが多いでしょう。

また女性の場合でも年収にこだわりすぎ、もっと高い人、もっと高い人と思っているうちに自分も年を重ねてきてしまい、だんだん紹介される人も減ってしまうということもあります。結婚相談所ではある程度サポートもしますが、それでも年収にこだわり過ぎると失敗することが多いようです。はやり結婚はお金でも年齢でもなく、その人を見るべきだというのが基本にあるべきではないでしょうか。

シニアにも人気

最近の結婚相談所ではシニアにも大人気となっています。今は寿命もどんどん延び、80歳90歳は当たり前の時代となりました。そこで死別、離婚、未婚で結婚相手を探しているシニアも多くいます。昔のように「老人が再婚なんて」という風潮もなく、シニアでもどんどん新しい恋をすると元気になれると言われているほど。

そのため結婚相談所ではシニア専門の結婚相談も行われています。もちろん年齢の高い男性でも若い女性を求めている場合もありますが、最近の傾向は同じような年齢同士の結婚を求めているシニアが増えているとのこと。

これからの老後をもっと楽しく生きたいという思いから、再婚をしたいと考えている人も多いのです。また最近は死別だけでなく離婚も多くなっています。子育てのときにはやはり子供の問題もあり、なかなか再婚に踏み切れなかった人も、子供が成人してやっと自分の幸せを考えるタイミングがきたという人も多いようです。

特にシニア専門の結婚相談所というより、結婚相談所に多くのシニアが登録するようになり、シニア同士のお相手探しができるようになったということなのです。自分に合った人を探すのはやはりシニアになっても難しく、だからこそ今シニアにも結婚相談所が人気なのです。

利用者の男女別傾向

結婚相談所を利用する男女別傾向をまとめてみましょう。まず女性の場合、四年制大学卒の30代が50%近いという状況だと言われています。大学を卒業してキャリアウーマンとして頑張っていたけれど、フッと気が付くと30代に突入。そこで出産などの年齢を考えて結婚をしたいという女性も多いようです。

20代は特に結婚に興味が無かった女性も、子供を作って幸せな家庭を持ちたいという気持ちや、老後のことを真剣に考え出すのも30代です。20代から30代になると全体が落着きだし、自分の人生をゆっくり考えるようになるとも言われています。そのため結婚を考える女性が増えるのです。

男性の場合は30代と40代が多く、年収は300万円~700万円が一般的のようです。しかし当然1000万円以上の収入のある男性なども増えているとのこと。男性も仕事で婚期を逃したという人が多く、まじめな人が多いとも言われています。

結婚に当たって、女性は男性に学歴より年収を重視していると言われています。時代によっては学歴の方が重視されているときもあったようですが、やはり今は実力が勝負の時代ということになりそうです。また男性は女性に綺麗より可愛さを求めているとのこと。そのためキュートなイメージをアピールした方がいいようです。

結婚相談所を利用する人

結婚相談所を利用する人について考えてみましょう。昔は結婚相手を回りの大人たちが世話をするという風習が日本にはありました。そんな風習がだんだんなくなり、結婚相手は自分で決める人が増えています。しかし女性も男性も仕事に追われる毎日、なかなか相手を探すことができないという環境の人も多くなっています。

そのため最近結婚相談所を利用する人は、昔のように内気な性格だったり、何か理由があって結婚が遅れた人というより、仕事で婚期が遅れたという人が多くなっているようです。現在は結婚のための出会い系サイトや、結婚サイトなどもたくさんあります。

そんな中、結婚相談所を利用する人は、これらのサイトでは満足できない人たちが多いとのこと。つまり身分証明や仕事、収入などの個人情報の確実さが、ネットの結婚市場ではなかなか確保されないということがあります。結婚相談所は確かに料金はネットより少し高めに感じますが、身元の保証などの確実さが魅力です。

そしてそれだけ料金を払って婚活をしている人は、婚活にとても真剣です。またある程度の収入がなければできないということで、利用する時点である程度絞り込みができています。これは結婚相手を探している人にとっては、とても大きなことではないでしょうか。

結婚適齢期と言われている20歳~44歳の独身男女が今、日本には1800万人とも言われています。それでもなかなか自分にあった人との出会いは難しいものです。だからこそ信頼できる結婚相談所がおすすめなのです。